1. 産業図案切手について

産業図案切手の買取価格と概要

産業図案切手

産業図案切手とは日本で発行された普通切手の種類で、1948年10月から1949年の11月にかけて13種類が発行されています。
戦後の復興から日本を支えた労働者たちが図柄となっており、戦後まもなく発行されたために戦前に比べれば質は少々落ちるものの、切手のデザインが豊かかつ統一されておりまとまりがある点などで、かなりの高い評価を得た普通切手シリーズとなります。

産業図案切手が発売されている途中に切手の印刷効果向上による用紙の一括変更が行われたため、この産業図案切手には透かしがある切手と透かし無しの切手が混在しています。
日本の切手の印刷が成功になったことから、切手が偽造される心配がなくなったために透かしのない用紙が使用されるようになったのです。

プレミアがつかない種類であれば買取価格は数百円程度となりますが、「電気炉」と「SL機関車製造」には非常に高い価値がついており、未使用で美品であれば電気炉、機関車製造ともに20000円程度の価値となります。
産業図案切手はかなりの枚数が発行されたのですが未使用で残っているものは極めて少なく、使用済みであれば安い値段となってしまいますが未使用であればかなりの高値で売れることが特徴です。

そして透かし有りと無しの切手でも価値は少しずつ異なるため、買取価格がかなり細分化されている普通切手でもあります。
ここで産業図案切手の価値を全て述べることは不可能ですので、価値が知りたい場合は切手買取店の無料査定を活用するのもオススメです。

産業図案切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

産業図案切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ