竜文切手の買取価格と概要

竜文切手

竜文切手とは日本で最初に発行された郵便切手で、竜切手の額面が「文」のものを指します。
発行日は1871年の3月1日ですが、今の暦で表すと4月20日となります。
竜文切手の価値は高く、48文と100文は20000円、200文は3万円、500文なら40000円程の価値があります。

厳密には上記額面から型ごとに種類が分けられており、相場や状態でも細かく変動していますので、ここで厳密な買取価格を全て述べることは残念ながら不可能です。

竜文切手の価値は額面ごとに希少価値に差がありますので買取価格が違ってくるのはもちろんですが、その竜文切手の余白のバランスやコンディションによっても価値は上下します。
上下左右の4辺の余白の均整がとれており十分な余白(マージン)がある場合は高額がつき、バランスの悪いものは価値が低めに抑えられてしまいます。
日本の印刷技術がまだ未発達な時代に生まれた切手のため、そうした項目でも価格に差が生まれることがポイントだといえるでしょう。

そして竜文切手などの昔の切手は手作業にて切手の製造を行っていたために、エラー切手のバラエティに富んでいるのももう一つの特徴です。
竜文切手で有名なエラー切手は図案の竜が上下逆に印刷された500文の切手で、切手カタログの評価額では最高価格である3500万円もの価値がつけられています。

竜文切手の価値は切手ごとの価値だけでなくバランスや切手の状態、そしてエラーの有無によっても大幅に左右されますので、正確な価値や買取価格が知りたい場合は切手買取店に問い合わせてみるのが確実です。

竜文切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

竜文切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ