1. 菊切手について

菊切手の買取価格と概要

菊切手

菊切手とは、日本で1899年から1908年にかけて発行されていた普通切手の種類です。
額面は五厘から1円までの15種類が存在しており、切手の中央に大きな菊の図柄があしらわれていることから菊切手と呼ばれています。

菊切手の発行当時の日本は、日清戦争や日露戦争など数々の戦で続々と勝利を収めていた時代になります。
菊といえば天皇家の紋章であり、戦争勝利に全国民が沸いていた時代背景が窺える図柄となっています。

菊切手は数が非常に多く様々なバリエーションがあるため、ここで全ての額面の価値は説明できませんが、菊切手の価値は大凡1000円~20000円位です。
特に価値が高い菊切手の額面は、6銭、8銭、15銭、20銭で、これらは希少価値も高く、状態が良ければ買取価格はバラ切手単位で5000円~15000円も見込めます。

そして菊切手の中でも有名なプレミアがついているものといえば、なんと偽造された偽物の菊切手なのです。
大正2年に菊切手の偽造があり、間もなく郵便局員が発見したために市場に出回った数は少ないとされていますが、その希少性ゆえに偽造菊切手の方が高い価値がついています。

菊切手の偽造事件以来、国内は切手の偽造防止に努め、用紙も従来の透かし無しのシンプルな白紙から透かしのある毛筆用紙に変更されるなど、日本の切手史を大きく揺るがした事件となります。

菊切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

菊切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ