風景切手の買取価格と概要

風景切手

風景切手は1926年から1937年に発行された普通切手で、額面は2銭、6銭、そして10銭の3種類が発行されています。
大正時代の普通切手は風景切手で切り替わり、次は昭和の時代となっています。

風景切手は、富士山、名古屋城、日光東照宮陽明門がデザインされたものがあり、田沢切手の様に紙質が白紙から毛紙に変化しています。
この用紙の変化は菊切手の偽造を受け実施されたもので、風景切手の他も様々な日本の切手の紙が切り変わっています。

これまで日本で発行された普通切手は菊切手や竜文切手などの証票的な図柄が多かったのですが、この時代から風景や建築物などが切手のデザインに多様されるようになり、風景切手はその先駆けとも言われています。
そして普通切手においてはこれまでなかった横向けのデザインが採用され、日本の切手のバリエーションが更に豊かになったきっかけともなったのです。

バラ切手単位の価値は額面で分ける事ができ、2銭なら500円、6銭なら1500円、10銭なら2000円程度が目安となります。
買取価格は6銭か10銭なら1000円以上は見込むことが出来、枚数を持っていればいるほどにまとまった買取額を手にすることが出来ます。

切手自体が持っている価値だけでなく、状態によっても買取価格は上下してしまいます。
綺麗な切手であれば高く売ることが出来ますが、コンディションの悪い切手であれば買取価格が大幅に下がってしまうこともあります。
特に古い切手であれば年数が経過しているために更にデリケートな状態となっていますので、なるべく綺麗な状態で保存するよう心がけたいものです。

風景切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

風景切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ