年賀切手の価値と概要、おすすめ買取業者を紹介します!

年賀切手とは?買取価格はどれくらい?

年賀切手について

年賀切手とは年賀状のやり取りを行う目的で発行された切手の総称です。年賀状のやり取りを行う目的で発行されますが、年賀状だけでなく普通の郵便切手としても使用は可能ですが、マナー的な事から親しい知人以外には時期の外れた年賀切手を使用する事は控えた方がよいでしょう。

ですが、現在は年賀はがきの存在から年賀切手を実際に使用する人は少ないので、時季外れの年賀切手が手元に残っていることは少ないかもしれません。

さて、年賀切手についてですが、現在では年賀切手は毎年その年の干支がデザインされていて年末シーズンには郵便局で通常購入が可能です。お年玉年賀状の景品で「お年玉切手シート」というものがありますが、これも年賀切手と同じ切手です。小型のシートになっているかどうかが違うだけなのですが、年賀切手と発行された種類が異なっていたり、買取価格や価値の相場も異なりますので、このサイトではお年玉切手シートは下記ページで独立して買取価格や価値を紹介しています。

始めて発行された年賀切手は1935年(昭和10年)の12月1日、翌年用の年賀切手が初めて発行され日本の象徴でもある富士山がデザインされた切手でした。年賀切手は普通切手の買取価格や価値の法則は似ていてと似ており、近年の年賀切手には額面以上の価値は期待できませんが、富士山の年賀切手など発行初期の年賀切手は単片でも価値が見込めますし、当時の年賀切手がシートで見つかればかなりの買取価格が期待できます!

年賀切手の価値は様々ですので、是非このページで価値のある年賀切手について調べてください。

このページで説明しきれていない年賀切手の買取価格や価値を知りたければ、下記の方法を試してください。

年賀切手の価値を簡単に知る方法

相見積もりは大切です

このページではリスト形式で年賀切手を説明していますが、種類が多いのでこのページで説明しきれない種類もあります。そして、ここではあくまでも年賀切手の美品における目安の価値と買取価格ですので、状態等や種類を問わず年賀切手の価値を正確に知る方法を先にご紹介します。


ここで紹介する方法ならば、切手について全くの無知でも実践するだけで正確な年賀切手の価値・買取価格を知る事ができます!


その方法とは、切手買取業者にメール査定を依頼する事です。たったこれだけでOKです。


シンプルな方法ですが、この方法は非常に合理的な方法です。切手は写真さえ送れば正確な査定が可能なので、これだけで専門家に年賀切手を査定してもらえます。


そして、年賀切手は状態によっても価値が大きく変動しますので、メール査定は正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!特に、価値が高い事を知っている年賀切手をお持ちであれば、一度メール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。

そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

年賀切手をメール査定してもらうのにお勧めの切手買取業者は次のページを参考にしてください!

年賀切手の価値について(年賀切手一覧)

では、年賀切手の価値と基本的な情報について説明していきます。

このページで説明する年賀切手の一覧は次の通りです。

※下記の年賀切手の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

年賀切手一覧

※上記の年賀切手の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

年賀切手の価値と買取価格を紹介

年賀切手-富士山の価値と買取価格

富士山(S11用)
発行年度:1935年12月1日
額面の種類:1.5銭
買取における価値:非常に高い
年賀切手の中でもかなり高い価値を誇るのが1935年の年末に発行された「富士山」年賀切手で、その価値は美品であれば一枚辺り400~500円位の買取価格になります。バラ切手でなく4枚の田型やシート状態では更に価値が高くなり、田型であれば1500円程の買取額が見込めます。古い切手ですので残っている可能性は低いですが、見つかればかなりの臨時収入になります。

年賀切手-二見ケ浦の夫婦岩の価値と買取価格

二見ケ浦の夫婦岩(S12用)
発行年度:1936年12月10日
額面の種類:1.5銭
買取における価値:非常に高い
「二見ケ浦の夫婦岩」年賀切手は1936年12月10日に発行されており、図柄は三重県の夫婦岩が描かれています。切手の買取価格は一枚辺り250~300円程で、年賀切手の中では高めの価値を持っています。しかし並品となれば一枚100円程度まで買取額が下がってしまいますので、もし保管しておくのであれば綺麗な状態をキープ出来るようにしておくのがお勧めです。

年賀切手-しめ飾りの価値と買取価格

しめ飾り(S13用)
発行年度:1937年12月15日
額面の種類:2銭
買取における価値:非常に高い
1938年用の年賀切手として昭和12年の年末に発行されたのは「しめ飾り」切手で、富士山年賀切手と同様にかなり高い価値を持っています。切手買取店を利用した場合の買取額はバラ切手単位で400円程で、数ある年賀切手の中でもかなり高い部類になります。戦前の記念切手のうちでは最も少ない発行数ですが、それでも3億2705万枚が発行されました。

年賀切手-羽根つきの価値と買取価格

羽根つき(S24用)
発行年度:1948年12月13日
額面の種類:2円
買取における価値:やや高い
戦争のため長らく年賀切手の発行は中止されていたため数年期間が空き、戦後初めての年賀切手は昭和24年用の「羽根つき」切手となりました。振袖を着て羽根つきを楽しむ少女が描かれ愛らしい切手ですが、戦後のため発行数は少なめの750万枚に留まりました。価値はバラ切手単位で100円程の買取額となります。

年賀切手-円山応挙のとらの価値と買取価格

円山応挙のとら(S25用)
発行年度:1950年2月1日
額面の種類:2円
買取における価値:高い
お年玉切手シートで有名な「応挙の虎」の年賀切手は1950年2月に1000万枚が発行されました。当時の干支が虎だったことから円山応挙のトラが採用される運びとなりました。小型シートの応挙のトラは目打ちの印刷はありますが穿孔はありません。年賀切手は目打ちがあるので簡単に区別できます。年賀切手の応挙のトラの買取価格はバラ切手単位で200円程となります。

年賀切手-少女とウサギの価値と買取価格

少女とウサギ(S26用)
発行年度:1951年1月1日
額面の種類:2円
買取における価値:やや高い
昭和26年用の年賀切手として発行されたのは「少女と兎」で、振袖を着た少女が兎を抱く愛らしい図柄が採用されています。切手買取店での買取価格は一枚辺りだいたい100~150円ほどで、複数枚見つかればかなりの買取額になると思います。発行数は前年と同じく1000万枚で、発行日は1951年の1月1日と元旦に発行された切手となります。

年賀切手-翁の面の価値と買取価格

翁の面(S27用)
発行年度:1952年1月16日
額面の種類:5円
買取における価値:高い
昭和27年1月16日に発行されたのは「翁の面」年賀切手で、買取価格はバラ切手単位で300円程となります。どうしてこの時代の年賀切手はお正月を過ぎてから発行されていたのかというと、所説ありますが景品のお年玉切手シートを発行するために新切手のデザインを行い、並行して年賀切手も発行していたためにお年玉切手シートの発行時期に沿う運びとなっていた為のようです。

年賀切手-三番鼠人形の価値と買取価格

三番鼠人形(S28用)
発行年度:1953年1月1日
額面の種類:5円
買取における価値:高い
1953年用の年賀切手として発行されたのは「三番叟(さんばそう)人形」切手で、年賀切手としては少なめの500万枚が発行されました。買取価格はバラ切手単位で200円位になります。三番叟人形とは江戸人形のひとつで、原画は切手図案家の加曾利鼎造氏が担当しました。状態が悪いと価値が下がってしまいますので、置いておくのであれば綺麗な状態での保存を心がけましょう。

年賀切手-三春駒の価値と買取価格

三春駒(S29用)
発行年度:1953年12月25日
額面の種類:5円
買取における価値:やや高い
「三春駒」は1953年12月25日に発行された年賀切手で、買取価格は一枚辺りだいたい100~120円位の値段がつきます。図柄となった三春駒とは福島県発祥の玩具で、元々は高柴木馬と呼ばれていました。年賀切手の額面は5円で、500万枚が発行されました。使用済みの状態でも一応価値はありますが未使用のものよりも格段に下がってしまい、買取価格がつかないこともあり得ます。

年賀切手-加賀起き上がりの価値と買取価格

加賀起き上がり(S30用)
発行年度:1954年12月20日
額面の種類:5円
買取における価値:普通
昭和30年用の年賀切手として発行されたのは「加賀起き上がり」切手で、当時の最先端の印刷機を使って発行されたために2色刷の綺麗な図柄となっています。この印刷機は本当は4色まで印刷出来たのですが、加賀起き上がり切手は試験的に印刷したもののため2色での印刷が行われたそうです。買取価格はバラ切手単位で80円位になります。

年賀切手-こけしの価値と買取価格

こけし(S31用)
発行年度:1955年12月20日
額面の種類:5円
買取における価値:普通
東北の玩具が図柄として採用された「こけし」年賀切手は600万枚が1955年12月20日に発行されました。こけし年賀切手の価値は一枚辺りおよそ30~50円程度に留まってしまいますが、複数枚見つかればかなりの買取価格となると思います。この時代辺りから切手の印刷技術は飛躍的に向上し、多色刷りや鮮やかな色合いのものが多くなっていきます。

年賀切手-だんじりの価値と買取価格

だんじり(S32用)
発行年度:1956年12月20日
額面の種類:5円
買取における価値:普通
昭和32年用の年賀切手として発行されたのは「だんじり」で、バラ切手だとおよそ30~50円程の買取価格となります。前年の年賀切手「こけし」で東北の玩具を取り上げたことから次は九州の玩具を採用することとなり、長崎のだんじりが選ばれました。初日カバーであれば価値が上がる可能性もありますので、消印があれば日付を確認してみても良いでしょう。
ページのトップへ