1. 郵政記念日制定記念切手について

郵政記念日制定記念切手の買取価格と概要

郵政記念日制定記念切手

郵政記念日制定記念切手とは、逓信省が4月20日を逓信記念日として制定したことを記念して発行された記念切手です。
発行日は1950年4月20日で、額面は8円の一種類のみが発行されています。
図柄は鳩と1950年当時のポストで、500万枚が発行されました。

郵政記念日制定記念の価値はだいたい一枚400円程度ですが、30枚で構成された1シートであれば単純に計算すれば12000円の価値となります。
買取価格となると上記の価値よりは安くなってしまいますが、単片ではなく複数枚まとめての買取や他の切手と合わせて売ることで、ある程度まとまった買取額となると思います。
切手の状態により価格は大幅に上下してしまうため、湿気や汚れ、そして裏糊の溶けなどに気を配り丁寧に保管しておくことをオススメします。

郵政記念日とは1871年4月20日に郵便制度が開始されたことを記念して設定された記念日であり、これまで飛脚制度が中心であった日本の通信制度は大きく変化しました。
記念日が制定されたのは1934年のことであり、これまで一般会計と一緒だった通信事業の会計制度が創設・独立したことをきっかけに、記念事業の一環として設定されたものになります。

当時は「逓信記念日」と呼ばれていましたが1949年に電気通信省と郵政省に分割されたことにより「郵政記念日」の名称が使用されるようになりました。
一度は逓信記念日の名称に戻ったものの、2001年に郵政事業庁が設置されたことにより再び郵政記念日と呼ばれるようになっています。

郵政記念日制定記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

郵政記念日制定記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ