裕仁立太子記念切手の買取価格と概要

裕仁立太子記念切手

裕仁立太子記念切手とは、昭和天皇だった裕仁様が立太子の儀を受けた事を記念して発行された記念切手です。
別名【昭和立太子礼】とも呼ばれる記念切手であり、発行日は1916年11月3日です。
額面の種類は1.5銭、3銭、10銭の3種がありますが、中でも10銭の「儀式のかんむり」は非常に高い価値を持つプレミア切手として重宝されています。

10銭の儀式のかんむりはコレクターの中では「冠(かんむり)」とも呼ばれ、切手愛好家の中ではいつかは入手したい憧れの切手となっています。
発行枚数が非常に少ないためにこうしたプレミアがついており、切手の状態によっても買取価格が異なるものとなります。
10銭の冠切手のプレミアが注目される他にも、1銭5厘の切手は日本で初めてとなる3色刷りの印刷方式を採用し、豪華な印刷は戦前で唯一のものとなりました。

裕仁立太子記念切手(昭和立太子礼)のバラ切手単位での価値は、1.5銭が500円、3銭が1000円程ですが、10銭の冠となると65000円程の価値を有しています。
前述したように裕仁立太子記念切手の10銭は、記念切手の中で最も高額で取引される切手ですので、買取においてもかなりの価値が見込めます!

こうした非常に高い価値を持つ切手を買取してもらう際は、必ず複数の切手買取店から相見積もりを取ることを忘れないようにしましょう。
言い値で安く買いたたかれてしまうと非常に勿体ないことになりますので、複数のお店から見積もり額を比較・検討したうえで納得できる買取店に依頼するのがベストだといえます。

裕仁立太子記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

裕仁立太子記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ