1. 郵便創始75年記念切手について

郵便創始75年記念切手の買取価格と概要

郵便創始75年記念切手

郵便創始75年記念切手とは郵便が始まってから75周年を記念して発行された切手で、それぞれの切手と小型シートが発売されています。
発行日は1946年12月12日で、額面の種類は15銭、30銭、50銭、1円の4種類が発行されました。
それぞれの図柄も駅鈴や日本で最初の切手である竜切手を模ったもの、前島密像など郵便に関係のある事柄が印刷されています。

郵便創始75年記念切手の価値は15銭は500円、50銭は200円、そして1円切手も同じく200円程の価値となりますが、30銭であれば価値は700円程度となります。
しかし使用済みの郵便創始75年記念切手は希少価値があり、特に30銭の前島密像の使用済みはほとんど市場にはなく、買取価格も非常に高額となります。
使用済み切手が少ない理由としては、郵便創始75年記念切手は第二次世界大戦の終戦後に発行された最初の記念切手であり、質も戦時中の切手と比べるとかなり良いものでした。
そのため使ってしまうのが勿体ないとのことで、この切手を使用する人はほとんどいなかったそうです。

郵便創始75年記念切手は分けられている種類ごとに価値が細分化されている切手であり、買取価格にもかなりバラつきがあるのが特徴です。
まず郵便創始75年記念切手の小型シートは初版と2版の2種類に分けることが出来、2版は多数発行されていますが初版はなんと2000から3000部しか発行されていないのです。
世の中に流通している郵便創始75年小型シートの大半は2版だと言われており、2版でも1万円前後と高額で買取してもらうことが出来ますが、初版であればカタログ価格で23万円を越えるほどのプレミア価値を持っています。

そのうえ初版と2版の間には「中間版」といわれる種類が存在しているという説もあり、この中間版は通信博物館のみで発売されたものの一部とされており、発行数は1000にも満たないほどに少数であったそうです。
しかし初版とほとんど差はないために、この中間版を初版として取り扱っている切手店が殆どであるそうです。

もし郵便創始75年記念切手で

  • ・小型シートであること
  • ・初版であること
  • ・使用済みであること
の3つの条件が揃ったものがあるとしたらかなりの買取額がつくプレミア切手ですので、切手買取店の選定は慎重に行うようにしましょう。
いくつかの切手買取店で見積もりを取り、その中で最も高額をつけてくれた買取店へと売るようにすると損を防ぐことが出来ます。

郵便創始75年記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

郵便創始75年記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ