郵便創始50年記念切手の買取価格と概要

郵便創始50年記念切手

郵便創始50年記念切手とは、郵便事業を開始してから50周年を記念して発行された記念切手です。
発行日は1920年4月20日で、額面は1.5銭、3銭、4銭、10銭の4種類が発行されています。

その4種類のうち図柄は2種類で、1.5銭と4銭切手は郵便旗と竜文切手、そして3銭と10銭は郵便の原点となった逓信省建物で構成されています。
当時の逓信省は、現在でいう東京都中央区銀座の銀座郵便局のところに所在していましたが、関東大震災で焼失してしまっています。
そして竜文切手は数ある日本切手の中でも最初に発行された切手であり、切手の歴史を語るにあたり欠かすことの出来ない貴重品となっています。

郵便創始50年記念切手の価値はバラ切手単位で1.5銭なら400円、3銭で600円程度に留まりますが、4銭と10銭の切手は非常に高い価値を持っています。
4銭は11000円、10銭なら55000円もの価値があり、この二つに関しては買取でも非常に良い値段で買い取ってもらえます。

郵便創始50年記念切手の4銭と10銭は元々の発行枚数が少ないために希少価値が上がり、高額がつきやすい切手のひとつです。
当時の印刷技術はまだ不完全な状態で、切手の枠に綺麗に収まっており余白バランスが良いものは更なる高値を臨むことが出来ます。

郵便創始50年記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

郵便創始50年記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ