1. 郵便創業80年記念切手について

郵便創業80年記念切手の買取価格と概要

郵便創業80年記念切手

郵便創業80年記念切手とは前島密の1円切手を4枚収めた小型シートで、郵便創始80年を記念して発売された切手シートとなります。
発行日は1950年3月22日で発行部数は100万枚、1円切手が田型に並べられたレイアウトとなっています。

前島密とは近代郵便青銅の創設者の一人であり「近代郵便の父」とも呼ばれています。
前島密が採用されている切手は普通1円切手や郵便創業80年記念切手だけに留まらず、郵便創始75年記念切手の30銭や郵便切手の歩みシリーズなどにも採用されています。
そのため、もしお手持ちの前島密の切手がこの郵便創業80年記念切手の画像と合致しない場合は、他の切手を調べてみると良いでしょう。
前島密の肖像で有名な普通1円切手も幾度かマイナーチェンジが行われているため、時代ごとの1円切手も参照すると探している前島密の切手が見つかるかも知れません。

気になる郵便創業80年記念切手(小型シート)の価値ですが、現在の価値は500円程度となっていますが、美品であれば3000円程度にまで跳ね上がる場合もあります。
買取価格も300円~2000円程度までと開きがあり、コンディションによって大幅に左右される傾向があります。
FDCと呼ばれる初日カバーであれば価値は5000円程度となりますので、もし使用済みの状態であっても切手買取店によっては買取してもらえる可能性があります。

こうした古い切手は、金券ショップへ持って行ってしまうと額面よりやや下の価格での「換金」となりますので、もし額面より高い価格で買取ってもらいたい場合は切手買取店を利用すると良いでしょう。
現在は問い合わせフォームやメールアドレスに切手の写真を添付して買取業者に質問するだけで、切手のだいたいの価値を教えてもらうことが出来ますので、気軽に切手買取を利用することが出来ます。

郵便創業80年記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

郵便創業80年記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ