1. 靖国神社75年記念切手について

靖国神社75年記念切手の買取価格と概要

靖国神社75年記念切手

靖国神社75年記念切手とは靖国神社の鎮座から75周年を記念して発行された記念切手です。
発行日は1944年6月29日で、額面は7銭の一種類だけが発行されています。
図柄は靖国神社の本殿が描かれており、靖国神社を題材とした切手の中では初めてとなるグラビア印刷での発行となりました。

1944年はちょうど太平洋戦争が行われていた時代であり切手の簡素化が相次いで実施されていたときで、こちらの靖国神社75年記念切手も記念切手のサイズではなく、それよりも小さなサイズである普通切手の大きさで発行されました。
しかし戦時中としては異例ともいえる豪華なグラビア印刷が施されているなど、国内の印刷技術も伴って活性化した時代でもありました。

靖国神社75年記念切手の価値は、買取で考えるとだいたい50円くらいが相場であり、それほど高い価値を持つ切手ではありません。
この時代の切手はもっと昔の切手と比べると残存数が多く、希少価値もそれほど高くありません。
しかしこの年代の切手では例えば「東京切手展記念(1947年)」の小型シートや「逓信記念日制定記念切手(1934年)」などは高い価値を持っており切手買取でも高く売ることが出来ますので、もし様々な切手がファイリングされた切手帳やボストークなどを所持しているのであればお宝の切手が眠っているかも知れません。

靖国神社を題材とした切手は他にも第二次や第三次の昭和切手などがあり、それぞれで価値も全く異なるものとなります。
もし靖国神社が描かれている古い切手でこの「靖国神社75年記念切手」ではない場合は、記念切手ではなく普通切手として探してみると良いでしょう。

靖国神社75年記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

靖国神社75年記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ