逓信記念日制定記念切手の買取価格と概要

逓信記念日制定記念切手

逓信記念日制定記念切手は日本で初めて発行された小型シート切手で、今では高い価値の付くプレミア記念切手として有名です。
発行日は1934年4月20日で、通常の切手ではなく航空切手が4種組み合わさって構成されている切手シートです。

1934年の4月20日より、これまで利用されていた飛脚制度が廃止され郵便制度に変更されました。
新たな制度が始まったことを記念して「逓信文化展覧会」が開催され、その会場で限定発売された切手が逓信記念日制定記念切手となります。

逓信記念日制定記念切手の絵柄はその時作成されたものではなく、発行当時とり切手ファンの間で人気の高かった航空切手のデザインをそのまま流用したものになります。

逓信記念日制定記念切手はプレミア切手としても非常に有名で、シートでの価値は状態により大幅に上下してしまいますが、美品で約17万円と高額で売買されている切手です。
切手買取の場合であれば、買取店によって開きがありますが大体12万円程度となり、記念切手の中では屈指の高額にのぼるといえるでしょう。

現在、逓信記念日制定記念切手の流通量は極めて少なく、市場で目にすることはほとんどありません。
加えて昔の切手であるため状態良く残っているものは少なく、綺麗な状態であればそれだけで非常に高い値段がつきます。

切手は保存環境が良くなければ自然にシミやヤケなどが発生してしまうデリケートなものですので、もし逓信記念日制定記念切手を所持しているのであれば、眠らせておくのではなく相場の高いうちに早めに売ってしまう方が得策だといえるでしょう。

逓信記念日制定記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

逓信記念日制定記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ