東京大学創立75年記念切手の買取価格と概要

東京大学創立75年記念切手

東京大学創立75年記念切手とは東京大学の創立75周年を記念して発行された切手で、図柄も東京大学が採用されています。
発行日は1952年10月1日で、額面は10円の1種類のみが発行されています。
図柄には東京大学の「安田講堂」が採用されており、版式は凹版印刷、発行枚数は300万枚となりました。

図柄となっている安田講堂の写真を撮影したのは東京大学の元教授である三島良績氏で、授業と並行して原子力工学の研究に努め、日本の科学産業に大きく貢献した人物としても知られています。
三島氏は切手収集家としても名が知れた人物であったため東京大学創立75年記念切手の製造にも協力することとなり、原版は印刷局に勤める松浦匡夫氏が担当し、この切手が完成しました。

東京大学創立75年記念切手の価値ですが、美品であれば価値は2500円程とこの年代の切手の中ではかなり高額な方だといえます。
買取価格も状態が良ければ1500円~2000円ほどになりますので、シワやシミなどに気をつけ丁寧に保管しておくことをオススメします。

この東京大学創立75年記念切手はシートになれば更に価値は上がり、並品であっても5000円以上の買取価格がつきます。
「シートで持っているのであれば、切り離して数枚ずつを沢山の切手買取店に売れば、それぞれが高く売れるのではないか?」と思いがちですが、切手は切り離してしまうとシート状態よりも価値が下がってしまいます。
もしシートで保管しているのであれば、そのままの状態で切手買取に出すことをオススメします。

東京大学創立75年記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

東京大学創立75年記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ