1. 東京天文台創立75年記念切手について

東京天文台創立75年記念切手の買取価格と概要

東京天文台創立75年記念切手

東京天文台創立75年記念切手とは、東京天文台が創立されて75年を記念して発行された切手です。
発行日は1953年10月29日で、額面は10円の1種類のみグラビア印刷にて発行されています。
図柄に採用されているのは「赤道儀ドーム」で、太陽黒点のスケッチ観測や天体の位置測定などに使用できる天文台のようです。

東京天文台創立75年記念切手の価値は美品であれば1000円程となり、買取価格も状態が良ければ700円程度の価格が見込めます。
使用済みであっても消印の状態や日付などにより高額がつく場合もありますので、もし買取を検討しているのであれば写真付きで問い合わせるとその買取店の大体の査定額を知ることが出来ます。

図柄は本当は開口径10mもの巨大な電波望遠鏡が天文台側の候補として挙げられましたが、天体に馴染みのない人々からは分かりにくいためにデザイナーが提案したこの図柄が採用されました。
絵柄についての要望に「星座を足すこと」が挙げられていたため、北斗七星とカシオペア座、そして北極星が夜空に描き込まれています。

図柄に採用されている赤道儀ドームは第一赤道儀室に設置されている望遠鏡のことで、2002年に国の登録有形文化財に指定されました。
造船所の援助を受けて建築されたドーム部分は木材で施工されており、当時では日本最大口径となった65cmの屈折望遠鏡が設置されています。
しかし老朽化に伴い、1998年をもって観測には使用されなくなり、今では姿はそのままに天文台記念館として人々に愛されています。

東京天文台創立75年記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

東京天文台創立75年記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ