1. 大正大礼記念切手について

大正大礼記念切手の買取価格と概要

大正大礼記念切手

大正大礼記念切手とは大正天皇が即位された事を記念して発行された記念切手です。
図柄も天皇に関わるもので、1銭5厘切手は儀式の冠、3銭は天皇の座である高御座、4銭と10銭は紫宸殿と威儀本位の武人が採用されています。

大正大礼記念切手の種類は1.5銭、3銭、4銭、そして10銭の4種類があり、発行枚数が少ないために買取価値は10銭切手が頭一つ高い値段で推移しています。
発行日は1915年11月10日で、この時期から額面が4種類を超えた記念切手が発行されるようになります。

大正大礼記念切手の4種類のほか、記念はがきや記念切手の台紙も同時に発売されており、日本において天皇の即位は当時から国をあげた一大事業であったことが窺えます。

大正大礼記念切手のバラ切手単位での価値は、1.5銭と3銭なら共に1000円程度、 4銭なら3000円程度、10銭になると13000円程度の価値が見込めます。
おめでたい記念切手のために残存数も多く1.5銭と3銭はそれほど高い買取価格は見込めませんが、それ以上の額面となると臨時収入としては十分な額を得ることが出来ます。

4種が全て揃っていれば、お店ごとの買取基準によりますが、コレクションとして評価してくれる買取店もあります。
買取価格の上昇にも繋がりますので、もし4種を全てお持ちであればまとめて買取してもらうと良いでしょう。

大正大礼記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

大正大礼記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ