大正天皇銀婚記念切手の買取価格と概要

大正天皇銀婚記念切手

大正銀婚記念切手とは、大正天皇がご結婚されてから25年、つまり銀婚を記念して発行された記念切手です。
発行日は1925年5月10日、額面は1.5銭、3銭、8銭、20銭の4種類が発行されています。

発行日である5月10日、そして次の日の11日は銀婚式奉祝日と制定され、日本全国で祝賀行事が実行されました。
図柄は2種類で1.5銭と8銭は松食い鶴模様、そして3銭と20銭の切手には鳳凰が印刷されており、銀婚を祝した非常におめでたい図柄となっているのが特徴です。

1.5銭と8銭の発行枚数は500万枚ほどですが、20銭の切手となると発行は20万枚にまで絞られます。
当然20銭切手の価値が一番高く、20銭なら12000円の価値が見込めます。
それぞれの価値は1.5銭なら300円、3銭なら700円程で、8銭なら4000円くらいになります。

買取価格は1.5銭と3銭であれば100~200円程度に収まりますが、8銭でだいたい2000円、20銭では8000円ほどにまで上昇します。

4種が全て揃っていれば、お店ごとの買取基準によりますが、コレクションとして評価してくれる買取店もあります。
買取価格の上昇にも繋がりますので、もし4種を全てお持ちであればまとめて買取してもらうと良いでしょう。

大正天皇銀婚記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

大正天皇銀婚記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ