1. 男子スピードスケート世界選手権記念切手について

男子スピードスケート世界選手権記念切手の買取価格と概要

男子スピードスケート世界選手権記念切手

男子スピードスケート世界選手権記念切手とは、1954年に日本で開催された男子スピードスケート世界選手権を記念して発行された記念切手です。
発行日は1954年1月16日で、額面は10円の1種類のみがグラビア印刷にて発行されています。

この切手は急遽発行が決まった記念切手のため、図柄はスケート競技を行っている選手の姿が採用されていますが、こちらを描き上げるにも大変なスピードが要求されました。
この時代の記念切手はだいたいが300万枚発行ですが、こちらの男子スピードスケート世界選手権記念切手の発行枚数は急ぎの作成であったために発行は200万枚に留まっています。

男子スピードスケート世界選手権記念切手は、バラ切手の価値が400円程度ですのでそれほど高額となる切手ではありません。
しかし20枚で構成されるシート状態で綺麗な状態であれば6000円ほどの買取価格にまで上昇することもありますので、シート状態でお持ちの方であれば切り離さずに保管しておくことをオススメします。

世界男子スピードスケート選手権大会は日本で初めて行われたスポーツ世界選手権大会であり、開催日は切手の発行日と同日の1月16日に行われました。
会場は北海道の札幌円山公園で行われ、優勝はロシア(ソ連)のボリス・シルコフ氏が獲得しました。
日中戦争の影響で日本は長らく世界規模のスポーツ大会の開催が困難となっていましたが、戦争から16年後に当たる1954年にようやくこちらの大会が行われることになったのです。
この大会は現在では「世界オールラウンドスピードスケート選手権大会」と呼ばれており、1889年のオランダで初めて開催されて以来、現在まで息長く続いている大会です。

男子スピードスケート世界選手権記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

男子スピードスケート世界選手権記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ