シンガポール陥落記念切手の買取価格と概要

シンガポール陥落記念切手

シンガポール陥落記念切手とは日本軍がシンガポール島に上陸した際、イギリス軍を無条件にて降伏させたのを記念して発行された寄附金付記念切手です。
発行日は1942年2月16日で、額面は2+1銭、4+2銭の2種類が発行されました。

シンガポール陥落記念切手は寄付金付き切手ですので額面のそれぞれに寄付金が上乗せされ、この寄付金は軍事費募金や国防献金へと使用されました。
この切手は当時の普通切手の2銭と4銭に添刷を施したものであり、肖像の人物は乃木希典と東郷平八郎がそのまま流用されています。
厳密にいえば「シンガポール陥落」と寄付金の文字は加刷ではなく、切手の元となる版に文字を加えたものであり、こうした方法は「添刷」と呼ばれます。

このシンガポール陥落記念切手は、陥落が決定してから切手の発行を決めたのではなく、予め陥落を考えて用意されていたものとなります。
発行日は陥落直後となる1942年2月16となり、作戦の成功を前提として作られた切手だったのです。

気になるシンガポール陥落記念切手の価値ですが、2+1銭の価値は100円程、4+2銭の価値が200円ほどになります。
ですがシートであれば単純計算でも20000円以上の価値となりますので、切り離さずに綺麗な状態で買取してもらうのがベストです。

シートの状態で持っているのであれば「一枚一枚切り離して売った方が高く売れるのではないか」と考える方もいらっしゃいますが、実はそうではありません。
シートや繋がっている状態の切手は切り離してしまったら逆に価値が下がってしまうので、はさみを入れずにそのまま買取してもらってください。

シンガポール陥落記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

シンガポール陥落記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ