昭和大礼記念切手の買取価格と概要

昭和大礼記念切手

昭和大礼記念切手とは、当時皇太子であった裕仁様が昭和天皇に即位された事を記念して発行された記念切手です。
発行日は1928年11月10日で、額面は1.5銭、3銭、そして6銭と10銭の4種類が発行されました。
図柄には鳳凰、そして大嘗祭のために仮設される祭場である大嘗宮が採用されており、切手カタログの中には【大嘗宮切手】と表記されていることもあります。

昭和大礼記念切手の価値は、1.5銭と3銭切手はだいたい100円前後、6銭で1000円、10銭なら1500円程の価値が見込めます。
例えば10銭の買取価格なら平均してだいたい600円~1000円前後が目安となりますが、4種完の状態で売ることでコレクションとしての価値が生まれて買取額が上がる可能性があります。
高価買取の基準はお店によっても大きな差が生まれているために、同じ切手であっても買取店が違えば買取価格はそれぞれ異なるものとなります。

昭和大礼記念切手に限らず古い切手を売るときのコツは、ひとつのお店に絞って買取してもらうのではなく、なるべく複数の買取店から見積もりを取り買取価格を比較することです。
現在は買取店に問合せメールを送ることで簡単に大体の買取額を教えてもらえるので、現物を見せなくてもそのお店ごとの価値を知ることが可能となっています。

昭和大礼記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

昭和大礼記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ