1. 日本赤十字社創立75年記念切手について

日本赤十字社創立75年記念切手の買取価格と概要

日本赤十字社創立75年記念切手

日本赤十字社創立75年記念切手とは、1952年の日本赤十字社75周年にあたって発行された記念切手です。
発行日は1952年5月1日で、額面は5円と10円切手の2種類が発行されました。
5円の図柄は「赤十字とヤマユリ」、10円は「看護婦」が図柄として採用されており、グラビア印刷での発行となっています。

日本赤十字社創立75年記念切手は、銭表示の廃止後に発行された最初の記念切手となります。
ちなみに銭表示とは数字の後に「00」がついているもので、この表記は昭和22年から27年の5年間の間継続され、この日本赤十字社創立75年記念切手の前にあたる「万国郵便連合加入75年記念切手」を最後に00の銭表記はなくなりました。

看護婦の絵柄を描いたのは画家の宮本三郎であり、宮本氏は日本における洋画界の重鎮とも呼ばれ、油絵のほかに当時の新聞や雑誌などの挿絵も手掛けていました。
この看護婦のモデルは当時の女優の原節子や桑野通子、または三宅邦子ではないかという説がありましたが、実際は赤十字社が彼に渡した写真を元に描いたものだそうです。
宮本三郎は肖像画を好んでよく描いており、切手に関する仕事は他にも切手図柄の公募の審査なども行っていました。

気になる日本赤十字社創立75年記念切手の価値ですが、55円のヤマユリ切手の価値は400円、そして10円の看護婦の切手は1500円程度の価値があります。
未使用で美品状態の切手の買取はもちろんのこと、使用済みの切手であっても日付や印の形により大きな価値が生まれる可能性がありますので、使用済みの切手であっても一度切手買取を検討してみることをオススメします。
「初日カバー」と呼ばれる発行当日の消印が押された封筒であれば上記の価値よりも高い買取価格がつく可能性もありますが、切手買取店の高価買取基準はお店ごとに異なっているため、なるべく高く売りたい場合は複数の切手買取店から見積もりを取ってみることをお勧めします。

日本赤十字社創立75年記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

日本赤十字社創立75年記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ