1. 赤十字条約成立75年記念切手について

赤十字条約成立75年記念切手の買取価格と概要

赤十字条約成立75年記念切手

赤十字条約成立75年記念切手とは、国際赤十字社の発足から75年を記念して発行された記念切手です。
発行日は1939年11月15日で、額面は2銭、4銭、10銭、20銭の4種類が発行されています。
図柄は2種類が存在し2銭と10銭は「地球と赤十字」、4銭と20銭は「佐野常民の肖像」が描かれており、図柄は同じですが刷色が異なるデザインとなっています。

佐野常民氏は日本赤十字社の創立者であり、「日本のアンリデュナン」と呼ばれている人物です。
佐野常民氏は若かりし頃は造船や航海に励み日本の歴史を開いた人物として知られていましたが、1877年に起こった西南戦争(西南の役)で戦闘の惨状に日々悲嘆し、戦場となる熊本へと出向きます。
そして敵味方関係なく負傷者の救護にあたる「博愛社」を創設し、これが赤十字事業の前身となったのです。

赤十字条約成立75年記念切手の価値は、2銭と4銭切手の価値はそれぞれ200円程しかありませんが、10銭・20銭切手となると2000円程にまで価値が跳ね上がります。
10銭と20銭切手は高額であるために予め発行数が少なく抑えられていることが理由であり、伴って希少価値も高いものとなっています。
10銭・20銭の買取価格はコンディションが良ければ平均で1000円くらいとなりますので、湿気を寄せ付けないよう綺麗な状態で保管しましょう。

赤十字条約成立75年記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

赤十字条約成立75年記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ