1. 立太子礼記念切手について

立太子礼記念切手の買取価格と概要

立太子礼記念切手

立太子礼記念切手とは、明仁親王の立太子礼を記念して発行された記念切手です。
発行日は1952年11月10日で、額面の種類は5円、10円、24円の3種類が存在しており、5円・10円切手は500万枚ずつ、24円切手は100万枚が発行されました。
5円と10円が「麒麟とキク」の絵、そして横長の形をした24円切手は「皇太子旗」が図柄として採用されています。

この立太子礼記念切手には小型シートが存在しており、切手より約一か月後となる1952年12月23日に発行されました。
小型シートは3種の切手組み合わせで半透明の袋が付属しており、特徴としては目打ちと裏糊がありません。
小型シートの発行数は単片切手よりも少な目で、15万枚が発行されています。

立太子礼記念切手の価値は5円が200円、10円の価値も200円を少し上回る程度ですが、24円の皇太子旗切手の価値は1500円ほどにもなります。
小型シートでの価値はコンディションの良い美品であれば7000円程度にまで跳ね上がりますので、切り離さずに丁寧に保管しておきたいところです。

淵に目打ちのない立太子礼記念切手であれば、元々は小型シートとして発行されていたことになりますので、通常のものよりも価値は少々上がります。
切手カタログでは単片辺りで3000~7000円の値がつけられていますが、あくまでカタログ値ですので買取価格はこれよりも低くなることが一般的です。

ちなみに立太子礼とは天皇の皇子等を跡継ぎとして太子に立てる事で、日本や中国で古くから行われていた儀式です。
この立太子礼記念切手の他にも立太子の儀を受けたことを記念して発行された切手には、1916年の「裕仁立太子記念」などがあります。

立太子礼記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

立太子礼記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ