日本国憲法施行記念切手の買取価格と概要

日本国憲法施行記念切手

日本国憲法施行記念切手とは新憲法の公布にあたって発行された記念切手で、草案の提出から半年後となる1947年の公布に合わせて発売されました。
発行日は1947年5月3日で、額面の種類は50銭と1円の2種類ですが切手の他に小型シートも発行されています。
小型シートの発行日は切手の発売日に間に合わず、一週間遅れての5月10日に発売されました。

日本国憲法施行記念切手の図柄は50銭切手が「母子と国会議事堂」1円切手は発行月の5月の花束が採用されています。
小型シートは上記2種の切手に加え、日本国憲法の前文を抜粋したものが日本語と英語で印刷されています。

新憲法の公布は非常に早いペースで進められたために記念切手の図柄の考案が追い付かなく、この日本国憲法施行記念切手の図柄は一般公募にて決定されたものとなります。
しかしこの図柄は1等を取ったものではなく、2等が採用される運びとなったのです。
1等を取った図柄は鳩と議事堂があしらわれたものだったのですが、現行はがきに採用されている図柄に酷似しているという声が挙がったため、繰り越して2等の図柄が記念切手として発行・発売されました。

日本国憲法施行記念切手の50銭の図柄には子供を抱く女性が採用されていますが、当時は女性の社会進出が本当に僅かですが徐々に進んでおり、1946年の衆議院総選挙においては女性の参政権が初めて実現された時代でもありました。
投票の際には、既に託児所まで完備されていたというのですから驚きです。

気になる日本国憲法施行記念切手の価値ですが、 バラ切手の価値は50銭切手で30円、1円切手であれば50円程度の価値となりますが、小型シートの状態であれば1000円ぐらいになります。
買取価格は価値よりも下回ってしまうことが多いのですが、それでも小型シートの買取価格は700円程度となりますので、切手を売る際には持っておいて損はありません。

日本国憲法施行記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

日本国憲法施行記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ