日露戦争凱旋観兵式記念切手の買取価格と概要

日露戦争凱旋観兵式記念切手

日露戦争凱旋観兵式記念切手とは日露戦争に日本が勝利し、その後に開催された陸軍凱旋観兵式を祝して発行された記念切手です。
額面の種類は1銭5厘、そして3銭の2種類が発行されており、発行枚数は1銭5厘が291万枚、そして3銭切手となると108万枚のみとなります。
発行日は1906年4月29日で、今から100年以上も前に発行された古い切手です。

日露戦争凱旋観兵式の正式名称は「明治三十七八年戦役陸軍凱旋観兵式」となり、切手の他にも絵葉書や写真などが数多く存在しており歴史の真実を知る一コマとして大変高い人気を誇ります。

20世紀に発行された切手の中で日本の国号表記がないものは「日韓通信合同記念切手」とこの「日露戦争凱旋観兵式記念切手」の2種類のみであり、歴史を鑑みてもこうした切手の価値は非常に高いことが窺えます。
そして日露戦争凱旋観兵式記念切手は日本で発行された切手の中で、初めて専用の記念印が使用された切手でもあり、記念切手の歴史においても非常に重要なのです。

日露戦争凱旋観兵式記念切手が持つ価値は、バラ切手単位で換算して1.5銭切手なら9000円、3銭であれば18000円ほどの価値が見込めます。
3銭の方が発行枚数が少なく希少価値がありますので、伴って買取価格も1.5銭よりも高くなります。

価値の高い切手のため切手買取においても良い査定額を見込むことが出来ますが、古い切手のために保存環境により切手が大幅に劣化してしまう恐れがあります。
もし日露戦争凱旋観兵式記念切手の買取を検討しており専用の保存環境にない場合は、なるべく早めの切手買取をお勧めしています。

日露戦争凱旋観兵式記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

日露戦争凱旋観兵式記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ