明治天皇銀婚記念切手の買取価格と概要

明治天皇銀婚記念切手

明治天皇銀婚記念切手とは、明治27年の3月に開かれた明治天皇の銀婚を記念して発行された日本で最初の記念切手です。
発行日は1894年の3月9日で額面は2銭と5銭の2種類が存在し、両方とも凸版印刷が用いられています。
2銭は当時の国内向けの料金で、5銭は国外向けの郵便料金として発行されました。

記念切手は古いほどに希少価値が上がり、こちらの明治天皇銀婚切手にも高い価値がついています。
バラ切手であっても2銭切手で約8000円、5銭であれば16000円程の価値があります。
5銭切手は2銭と比べて発行数が少なく、希少価値が2銭よりも高いために高額がつきやすくなっています。
買取価格も切手本体のコンディションによりけりですが、美品であれば2銭で約5000円、5銭で1万円程度は見込むことが出来るお宝切手です。

明治銀婚記念は100年以上も前に発行された切手のため綺麗な状態で残っているものは極めて少なく、美品であれば非常に高い値段で買取されることが特徴です。
2銭切手単体や5銭切手のみでも高額がつきますが、2種類がセットであれば価格は更に上昇します。
もし明治天皇銀婚記念切手を2種類所持している場合は、同時に買取してもらったほうが良い値段で売れる可能性があります。

明治天皇銀婚記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

明治天皇銀婚記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ