満州国成立10年(二次)記念切手の買取価格と概要

満州国成立10年(二次)記念切手

満州国成立10年(二次)記念切手とは、満州国が成立してから10周年を記念して発行された記念切手です。
満州国成立10年の二次切手の発行日は慶祝式典が開催された1942年9月15日で、額面の種類は5銭と20銭の二種類が発行されました。

満州国が建国を宣言したのは満州事変の後にあたる1932年3月1日で、満州国側は毎年3月1日を建国記念日として定めました。
しかし10周年の記念式典は日満議定書が取り交わされた9月15日に行われ、場所は東京の日比谷公会堂で開催される運びとなりました。
そのため満州国成立10年記念切手の二次は満洲国承認記念日にあたる9月15日に発行され、記念切手は日本と満州の両国で発売されました。

5銭の図柄は両国の子供、そして20銭は蘭花の紋章が印刷されており、一次のように一種類ではなく今回は異なる図柄で発行されています。
ちなみに日本で発売された切手で子供の図柄が採用されるのは、この満州国成立10年(二次)記念切手が初めてとなります。

気になる満州国成立10年(二次)記念切手の価値ですが、5銭であれば100円程度の価値しかありませんが、20銭であれば500円程の価値が見込めます。
さらに一次と合わせて4種完の状態で買い取ってもらうことで、コレクションとしての価値が付随し買取額が上がる可能性があります。

切手買取に関しては満州国成立10年の記念切手だけでなく、関連する絵はがきや押印されている郵送済みのはがきなども買取対象となっている場合もあります。
買取店によって買取対象は変わりますが、もし切手だけでなくこうした品も所持しているのであれば合わせて買取の問い合わせを行ってみると良いでしょう。

満州国成立10年(二次)記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

満州国成立10年(二次)記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ