1. 京都切手展記念切手について

京都切手展記念切手の買取価格と概要

京都切手展記念切手

京都切手展記念切手(小型シート)とは、当時発行されていた2円の普通切手を5枚組み合わせた小型シートで、京都で開催された切手展を記念して発売されたものです。
小型シートは2円切手が5枚組み合わさって構成されており、図柄は2円切手をそのまま流用したものとなります。
元となる記念切手は第一次新昭和切手の「清水寺」2円切手で、発行日は京都切手展に合わせた1947年8月19日となりました。

どうして2円の清水寺の切手が採用されたのかというと、開催地の京都にゆかりのある図柄であったためです。
そのうえ清水寺2円の普通切手は目打ちも裏糊もない状態で発売されていましたので、小型シートへの流用も容易に行うことが出来ました。

京都切手展記念切手の買取価値は、状態があまり良くなければ1000円、もしくは2000円ほどの買取価格となってしまいます。
しかし美品状態であれば査定額がプラスとなる場合もありますので、買取を考えるならば持っておいて損はない切手だといえます。
京都切手展記念小型シートは京都の会場内のみで発売され発行枚数は15万枚でしたが、売れ残ったものは再び単片の普通切手へと切り離して通常の郵便窓口で再販売へと回されました。

京都切手展の以前に開催された東京切手展は一週間のうちに入場者数が25万人を越えるほどの大盛況で、その展示品を全国各地に運び、それぞれの地域で切手展を開催する運びとなったのです。
京都切手展は準備期間も短く、東京で開催された切手展とほとんど同じ内容に終わったようですが多くの入場者が訪れ、大成功に終わったそうです。

京都切手展記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

京都切手展記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ