紀元2600年(一次)記念切手の買取価格と概要

紀元2600年(一次)記念切手

紀元2600年(一次)記念切手とは「紀元2600年式典(紀元二千六百年記念行事)」が行われた際に発行された記念切手です。
発行日は紀元節にあたる1940年2月11日で、2銭と10銭の2種類が発行されました。

「紀元2600年(一次)」とあるように、同年11月10日には二次にあたる記念切手が2種類発行されています。
紀元2600年(一次)で発行されたのは2銭と10銭で、4銭と20銭も存在していますがこの2種類は二次で発行されたものになります。

2銭切手は金鵄、そして10銭切手は鮎と厳瓶を図柄としたもので、両方とも日本書紀に関する題材となっています。
10銭切手には「八紘一宇」の印字がありますが、この八紘一宇という記述も日本書紀に関連する内容であり、国体研究にあたって文言の内容を縮約した語となります。

気になる紀元2600年(一次)記念切手の価値ですが、2銭は100円程の価値に留まりますが10銭であれば800円程の価値があります。
単片ではそれほど高い買取価格となりませんが、シート状態や枚数を多く持っている場合はまとめて売ることで大きな買取額を手にすることが出来るでしょう。
後述する「紀元2600年(二次)記念切手」も所持しているのであれば、合わせて買取してもらうと完品状態となりますので買取価格が上昇する可能性があります。

ちなみに「紀元2600年記念切手」には日本発行のものだけでなく、満州国で発行された2種類の記念切手も存在しています。
それぞれで価値も全く異なるものとなりますので、切手買取業者を利用する際は写真付きで問い合わせると良さそうです。

紀元2600年(一次)記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

紀元2600年(一次)記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ