関東局始政30年記念切手の買取価格と概要

関東局始政30年記念切手

関東局始政30年記念切手とは関東局の始政から30年を記念して発行され、関東局管内のみで限定発売された記念切手です。
当時の関東局は満州国に設置されており、発行日は1936年9月1日、額面は3種類で1.5銭、3銭、10銭が存在します。

1.5銭の図柄は関東州の地図と鳩、3銭であれば日露戦争戦歿兵士の納骨祠が、10銭に関東庁の建物が採用されています。
発売局は関東州のみに限られており、日本本土で入手するとなると切手愛好家へと通信販売が行われたのみであり、当時からプレミア切手として重宝されていました。
中でも10銭切手の製造枚数は5万枚に限られており、希少性が非常に高いために買取価格も高額に上ります。

この時代の記念切手においては屈指の高額にのぼる切手であり、価値は1.5銭は3000円程、3銭では4000円程の価値となります。
希少性の高い10銭となると35000円程の価値にまで跳ね上がりますので、切手買取においてはたった1枚であっても臨時収入としては十分な額を手にすることが出来ます。
買取価格も10銭切手であれば1万円を超えることもあり、切手の状態が良ければさらに高額となる可能性もあります。

切手の難しいところは、綺麗に保存していても経年によっていつの間にかシミや色あせが生じてしまうことです。
状態が悪ければもちろん買取額は下がってしまいますので、もし関東局始政30年記念切手などの古い切手の売却を検討しているのであれば、なるべく早めの買取をオススメしています!

関東局始政30年記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

関東局始政30年記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ