1. 伊勢神宮式年遷宮記念切手について

伊勢神宮式年遷宮記念切手の買取価格と概要

伊勢神宮式年遷宮記念切手

伊勢神宮式年遷宮記念切手とは58回目の遷宮を記念して発行された記念切手で、発行日は1930年10月2日です。
額面は1.5銭(1銭5厘)と3銭の2種類が発行されており、どちらも伊勢神宮の内宮が採用されている同じ図柄となっています。
2種類の違いは印刷色で見分けることが出来、1.5銭は青色、そして3銭は赤色で印刷されています。

別名「神宮式年遷宮」記念切手とも呼ばれるこちらの切手は、残念ながら今でも現存数が多く、それほど高い価値はついていません。
バラ切手単位の価値は、1.5銭なら100円、3銭でも100円を超えるかどうかという位です。

しかし今から80年以上も前の昔の切手であるため、買取店によっては使用済みの状態でも買取ってもらえることが出来ます。
この時代は趣味で切手を集めることがあまり一般的でなかったために、初日カバー(FDC)などであれば切手単体よりも高く売れる可能性があります。
他の切手とのまとめての買取や複数枚を売ることで、まとまった買取額を手にすることのできる切手となっています。

神宮式年遷宮とは伊勢神宮で開催される定期的な遷宮のことで、伊勢神宮では原則として内宮、外宮、その他14の別宮を20年ごとに作り替えています。
ですのでこの伊勢神宮式年遷宮記念切手の他も、伊勢神宮を題材とした切手は存在しています。
切手愛好家だけでなく記念の品としても人気の切手ですので、コレクションしている人も少なくありません。

伊勢神宮式年遷宮記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

伊勢神宮式年遷宮記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ