第一回国勢調査記念切手の買取価格と概要

第一回国勢調査記念切手

日本で初めてとなる国勢調査を記念して発行された切手が「第一回国勢調査記念切手」です。
発行日は1920年9月25日で、1.5銭と3銭の2種類が存在しており図柄は二種類とも同一で、刷色が異なるものとなります。

本当は第一回国勢調査の予定は10年ほど前に既に計画されていたのですが、日露戦争や第一次世界大戦などの戦争により実施が遅れ、切手の発行年と同一の1920年に初めて実施される運びとなりました。
その宣伝や周知も兼ねて、記念切手である第一回国勢調査切手が発行されたのです。

第一回国勢調査記念切手の価値はバラ切手単位で1.5銭なら1600円、3銭なら2000円程度となっており、3銭の方が価値が高い切手となります。

国勢調査を記念して発行された切手はそれからも発行されており、第二回の国勢調査記念切手なども存在しています。
しかし第三回から第九回の国勢調査記念切手はなく、第10回になると再び発行されるようになります。
切手の価値もそれぞれの回で全く異なるものとなり、切手の価値を調べる際には注意が必要です。

もし国勢調査記念切手を各回ごとにまとめて所持しているのであればコレクションとしての価値が生まれ、買取価格も単片時より高くなる可能性がありますので、切手買取の際にはなるべくまとまった状態で買取してもらう方が良いでしょう。

第一回国勢調査記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

第一回国勢調査記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ