1. 放送25年周年記念切手について

放送25年周年記念切手の買取価格と概要

放送25年周年記念切手

放送25年周年記念切手とは、日本でラジオ放送が開始されてから25周年を記念して発行された記念切手です。
発行日は1950年の3月22日で、額面の種類は8円切手の一種類だけとなっています。

初めての日本の放送は1925年3月22日で、東京放送局が管轄する芝浦の仮放送所から発信されたものでした。
東京放送局とは今のNHK東京放送局の前身であり、仮スタジオは東京高等工芸学校へと設けられたものでした。
放送25年周年記念の切手も、放送に所縁のある「マイクとコールサイン」が図柄として採用されています。

気になる放送25年周年記念切手の価値ですが、切手の価値としてはこの時代の他の切手とそれほど大差はなく、だいたい400円程度の価値を持っています。
単片であれば上記ほどの価値ですが、完品状態のシートであれば買取価格は5000円ほどにまで上がる可能性があります。
切手カタログでの価値は未使用でおおよそ800円、使用済みで400円となりますが、カタログ価格は切手愛好家同士の切手交換の目安などで使われる指標であり、買取価値とは大幅に異なる場合もあります。

この時代の切手はそれほど大きな価値を持つ記念切手はありませんが、それでもコレクションとして集めているものやボストークなどは収集品としての価値が評価されて買取価格が高くなる場合がありますので、もし切手買取を検討しているのであれば少しずつ売らず、出来ればまとめて売ると良いと思います。
切手の買取においては、切手が持つ価値の他に状態も重要な査定ポイントとなりますので、なるべく綺麗に保存するよう心がけましょう。

放送25年周年記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

放送25年周年記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ