1. フリースタイルレスリング世界選手権記念切手について

フリースタイルレスリング世界選手権記念切手の買取価格と概要

フリースタイルレスリング世界選手権記念切手

フリースタイルレスリング世界選手権記念切手とは、1954年に開催されたフリースタイルレスリングの世界選手権を記念して発行された記念切手です。
発行日は1954年5月22日で、額面は10円の1種類が凹版印刷にて発行されています。

発行枚数は400万枚とこの時代の記念切手にしては多めで、図柄はフリースタイルレスリングを行う選手の絵が採用されています。
この絵柄は原画の段階で中央大学のレスリング道場の練習風景を撮影しに行き、その写真を元に描かれたものとなります。
図柄は「日本レスリング界の父」とも呼ばれる八田一郎氏と打ち合わせが行われ、実際の写真を元に石膏像調に描かれた力強い一枚となっています。

こちらのフリースタイルレスリング世界選手権記念の価値ですが、バラ切手であれば価値はだいたい300円程度ですが、シート状態であれば8000円ほどの価値になります。
買取価格もバラで200円ほど、そして綺麗なシート状態であれば6000円くらいになりますので、切手買取を検討しているのであれば是非とも持っておきたい切手です。
発行初日の日付の消印が押された「初日カバー(FDC)」と呼ばれるものであればコレクター品として扱われ、買取価格が少し上昇する可能性もあります。

フリースタイルレスリング世界選手権は1954年5月22日から25日まで開催され、参加国は15か国に及ぶ大規模なものでした。
会場となった東京体育館は前日にあたる5月21日に完成しており、体育館完成記念のイベントとして考案された大会になります。
この大会は初めてヨーロッパ以外で開催されたレスリング世界選手権にあたり、日本は4位の成績を収めました。

フリースタイルレスリング世界選手権記念切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

フリースタイルレスリング世界選手権記念切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ