外国切手の価値と概要、おすすめ買取業者を紹介します!

外国切手の買取価格と価値はどのくらい?

切手の価値に悩む女性

外国切手とは日本以外の国で発行された切手のことを差し、専門のコレクターも数多く存在します。 外国切手は有名なものほどに高い値段がついており、中にはバラ切手単体であっても価値が非常に高く、一枚で何十万円もの価値を持つ切手もあります。
代表的な切手でいえばペニー・ブラックやモーリシャス切手などがあり、専門著書なども発行されているほどに人気で、歴史的に鑑みても非常に高い価値を有しています。 外国切手においてはイギリスやアメリカなどの古くから切手を発行している国に人気が集中している傾向にありますが、その他の国の切手であってもコレクションとしてまとまりがあるものであれば、特に高く買い取ってもらえます。

切手の価値を簡単に知る方法

相見積もりは大切です

上記にもあるように、外国切手とは種類が非常に膨大であり、このページで見つける事ができない可能性が高いです。

そうなると、切手自体の種類や名称を判別する事も困難ですので、このサイトであなたのお持ちの切手の買取価値の説明を探すこと自体が非常に困難です。


ですので、先にどんな切手でも簡単に価値や買取価格を調べる方法を紹介する方法をご紹介します。 ここで紹介する方法ならば、切手について全くの無知でも実践するだけで正確な切手の価値・買取価格を知る事ができます!


その方法とは、切手買取業者にメール査定を依頼する事です。


たったこれだけでOKです。

シンプルな方法ですが、この方法は非常に合理的な方法です。切手は写真さえ送れば正確な査定が可能なので、これだけで専門家に切手を査定してもらえます。


更に、切手は相場が変動し、状態によっても価値が大きく変動しますので、メール査定は正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです! 外国切手をメール査定してもらうのにお勧めの切手買取業者は次のページを参考にしてください

有名な外国切手の一覧

このページでは有名な外国切手をリスト形式で紹介し、単体かつ美品と呼べる状態での価値と買取価格、概要を説明していきたいと思います。外国切手の買取をお考えであれば、是非参考にしてください。

※下記の外国切手の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

有名な外国切手一覧

※上記の外国切手の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

外国切手の価値と買取価格を紹介

ペニー・ブラックの価値と買取価格

ペニー・ブラック
発行日:1840年5月6日
額面の種類:1ペニー
買取における価値:非常に高い
ペニー・ブラックは1840年にイギリスで発行された世界で初めての郵便切手の1つです。額面が1ペニーであり、刷り色が黒色である事が名前の由来となっています。 ペニーブラックの価値は10万円を超え、買取価格もバラ切手で80万円程度は見込めます。 状態や相場によって買取価格が大きく異なる切手としても有名ですが、間違いなく非常に高い価値があるプレミア切手ですよ。

ペニー・レッドの価値と買取価格

ペニー・レッド
発行日:1841年2月10日
額面の種類:1ペニー
買取における価値:高い
ペニー・レッドは1841年にイギリスで発行された世界で三番目の郵便切手で、ペニーブラックの黒色で刷っていたのを赤色で刷ったものになります。 ペニー・レッドも数ある外国切手の中でもやはりペニーレッドの買取価格はバラ切手単位でおよそ6000円、価値は約10000円程です。 外国切手のバラ切手でこの買取価格は非常に高額な部類に入るプレミア切手です。

ペンス・ブルーの価値と買取価格

ペンス・ブルー
発行日:1840年5月7日
額面の種類:2ペンス
買取における価値:非常に高い
ペンスブルーはペニーブラックに続き、世界で2番目に発行されたイギリス発の切手です。 希少価値は有名なペニーブラックよりも僅かに高く、未使用品であれば状態や発行年月によりけりですが、大体10万円を超える価値を持っているプレミア切手です。 使用済みでもだいたい2~3万円ほどの価値があり積極的に買取を依頼したい外国切手のひとつとなります。

ブルー・モーリシャスの価値と買取価格

ブルー・モーリシャス
発行日:1847年
額面の種類:2ペンス
買取における価値:非常に高い
ブルー・モーリシャス切手は別名ポストオフィス切手とも呼ばれ市場になかなか出てこないために価値は簡単に算出出来ないほどに希少価値が高いとされており、もし値段をつけるとしたら推定でも1億円以上となるプレミア切手です。 しかし最後に発見されたときから既に60年以上が経過しており、もう残っていないのではとの声も高いロマン溢れる外国切手です。
ページのトップへ