1. 切手の処分を考えているなら買取がおすすめ

不要な切手を処分したいと思ったときは

不要な切手の処分

使われなくなった切手、貰ったけれど押入れの中で眠っている切手、処分してしまうならば切手買取の利用をおすすめします。 昭和の時代に切手ブームが沸き起こったこともあり沢山の人が切手収集に熱を注ぎましたが、次第に集めなくなり結局多くの切手が押入れにしまわれていたりなど、日の目を見ずにそのまま処分される切手は全国に山ほど存在しています。 切手の図柄を見ても個人で価値を調べるのは困難ですし種類も複雑なものが多いため、その価値を知らないままに処分してしまう方も多いそうです。

そのうえ切手はデリケートなものですし、バラ切手、シート切手など様々な切手を大量に収集していたら保管スペースもそれなりに必要になります。 手紙を送るときに使えれば良いのですが、昔と今では貨幣価値が変わっていることもあり、額面の問題で郵便に使用することが出来ないような昔の切手だってあります。 そんな切手であれば、処分するより他ないと思ってしまうこともあるのではないでしょうか。

けれども切手を処分するとなれば、その切手が持つ価値を理解しておかなければ大きな損をしてしまう場合もあります。 一見ただの古切手や趣味の品にみえても切手にはそれぞれの価値があり、切手買取を利用すればその価値をお金に換えることが出来るのです。

不要品として切手の処分を検討しているのであれば、切手を買取してもらい臨時収入を得るほうが断然お得だと思いませんか? こちらのサイトで紹介している切手買取業者は、どのような切手であっても買取にかかる費用は【完全無料】にて利用することが出来ます。

そのまま切手を処分すると損かも知れません

古くなってしまって一見使い道のない切手であっても、実は高い価値を秘めている可能性があります。
実際に様々な切手買取業者を利用した私自身の体験から、闇雲に切手を処分してしまうのはもったいない理由を幾つかお伝え致します。

処分予定の切手…無価値に見えても高く売れる可能性が

竜切手500文エラー切手

切手をそのまま処分してしまうのがもったいない理由として、まず切手には大きな【価値】が秘められている可能性があることを知ってください。

例えば一見よくわからないただの古切手に見えても、こちらは「竜文切手」という日本で昔に発行された切手であり、種類によりますが数々の切手の中ではかなりの高値がつくマニア垂涎の一枚なのです。
(有名な切手ですので教科書などで見たことがある方も多いと思いますが、こちらの竜切手の他にも高く売れる切手は様々あります。)

そして上記の写真のものは実はただの竜切手ではなく、他の竜切手と比較してもずば抜けて高い価値を持っているのです。 どうしてかというと、これは図柄と額面の文字が逆向きに印刷されているエラー切手であり、通常のものよりも希少性が高いためにかなりの価値を秘めています。 この切手に当時付けられた価値は約3500万円でしたが、こうした高額な切手は時価で相場が上下することも多いため、もし現在ならば更に高くなっている可能性もあるでしょう。

知らない切手でも処分するのは勿体ない

押入れや納屋の中などで長い期間眠っていた切手ならば、印刷も薄れていてシミが出来、みすぼらしく見えていることもあるかも知れません。 しかし切手は基本「希少なものほど価値がある」とされているため、古い切手であれば必然的に残存数が少なく、希少価値がある可能性が高いです。 そうした古い切手の汚れに関しては経年劣化も踏まえて考えられるものであり、それでも高い価値を持っているということはよくあるのです。

日本の切手だけでなく他にも中国切手やペニーブラックといった外国の切手など一見よくわからない切手は数多くありますが、処分するとその切手の価値までなくなってしまい、後で知って「勿体ないことをした…」と後悔してしまうケースは多々あります。 見たことのない、聞いたことのない切手であっても収集家や愛好家は数多く存在しており、時代ごとに相場も上下しているため、いっけん良く知らない切手であっても驚きの価値で売ることが出来る可能性があるからです。

具体的な例としては、上記で少し述べた「中国切手」が挙げられます。 中国切手が現在注目を浴びている理由としては、昔の中国では切手の収集が禁止されていたため、その中の少数の切手は日本などの国外へ渡り、中国国内にはほとんど残っていないと言われていました。 そして近年、中国の経済が潤うに伴って「中国バブル」と呼ばれる現象が起こり、投資や投機買いが盛んに行われるようになっています。 資金を持った中国の人々の中には自国の切手や貴重な品々などを買い戻そうとする動きが見られており、中国切手の中には今や何百万円もの価値がついているものもあるのです。

切手の処分を考えるならば、まずは切手買取を検討

価値のないただの紙切れだと思って処分したいと考えていた切手が、何百万ものお金に化ける可能性があります。 何も知らずに不要な切手として処分してしまうと、何百万ものお金、そして資産価値をも一緒に処分してしまうことだってあります。

それに昔の日本では切手ブームが起こっていたため、今の若い世代が昔集めていた切手帳を受け継いだり、貰ったりする場合も多いです。 貰ったものや相続した切手であれば、不要な切手として処分してしまうのも忍びないものだと思いませんか? そうした切手であっても、処分ではなく次の人の手に渡る【切手買取】であれば、感情面においても気持ちよく手放すことが出来ます。

切手の処分も買取も、実質「切手を手放す」ことに変わりはありません。 ただの不要品として切手を処分してしまうより、日程調整や買取方法などの利便性が高く、さらに買取価格が臨時収入に変わる「切手買取」の利用をおすすめします。 キャンセル料なども発生しないので、売るかどうかは査定額を聞いてから、といった場合でも安心して依頼することが出来ます。

処分ではなく切手買取にすれば得をします

切手の処分にかかる時間や手間を考えても、切手買取は非常に便利です。 不要品として切手の処分を検討しているのであれば、切手買取にて臨時収入を得るほうが断然お得だと思いませんか? こちらのサイトで紹介している切手買取業者は、どのような切手であっても買取にかかる費用は基本【完全無料】にて利用することが出来ます。

さらに自宅に来てくれる出張買取や郵送で切手を送るだけの宅配買取など、買取方法も豊富で利便性も非常に高いです。 買取価格に満足出来ない場合はキャンセルすることも可能ですし、キャンセル費用もかからない業者をピックアップしています。

私の場合も昔の切手を一式ごみとして処分してしまうつもりでしたが、切手買取という方法を知り、もし中に売れるものが眠っていればと軽い気持ちで切手の査定をお願いしました。 やはり買取出来るもの・出来ないものとありましたが、珍しい切手が数枚あったために買取価格は何十万円にものぼりました。

珍しい話かと思うかも知れませんが、実はこうした買取依頼から貴重な切手が発見される事例は意外と多くあるそうです。 査定に出す切手の中には価値のないものもあるかも知れませんが、価値がなく処分しても惜しくない切手だとはっきりさせるためにも、まずは切手買取を利用することをお勧めします。 土日祝も営業している切手買取業者も多いため、希望の日時にスムーズに予約を入れることが出来ますし、私も忙しい時期でしたが安心して利用することが出来ました。

ページのトップへ