1. 切手買取店とヤフオクの売買方法を比較

切手売買なら買取業者かヤフオクどちらが良い?

切手を売買する方法

このホームページでは切手の売買において基本的に切手買取店の利用をおすすめしていますが、その他の方法ももちろんあります。 価値のある切手であれば、誰でも気軽に利用できるオークションへの出品を考えたことがあるのではないでしょうか。 私も切手買取店を利用する以前にヤフオクに切手を出品したことがありますが、あまり成果が出ないままに諦めてしまいました。

このページでは切手の売買するにあたっての切手買取店とヤフオクの違い、メリットやデメリットを説明していきます。

切手買取業者で切手を売買する方法

切手買取店で切手の売買を行う場合、買取方法は出張買取・宅配買取・店頭買取に分けることが出来ます。 自宅へ査定員が訪れて玄関先で査定してくれる出張買取や宅配で切手を送るだけの宅配買取、そして店舗がある買取店ならば店頭へ切手を持ち込み査定してもらう店頭買取と、買取方法が充実していて利便性が非常に高く、忙しい方でも安心して切手の売買を行うことが出来ます。
極端な話、自宅から一歩も出ずに切手の売買を行うことも可能です。

切手の売買においては査定員が担当してくれるため、知らない切手や見たことのない切手であっても価値を見逃すことはありません。 しかし一枚一枚切手を査定していくため、大量に切手がある場合は査定に時間がかかってしまう場合もあります。 その場合はオペレーターが宅配買取を薦めてくれると思いますので、宅配キットを要請し、切手を梱包して買取業者へと送って売買しましょう。

いわば切手の売買にかかる手間を丸投げ出来るのが切手買取業者ですので、私は切手の売買ならばヤフオクよりも断然切手買取店の利用をおすすめします。

ヤフオクで切手売買をする方法

切手売買でオークション

まずヤフオクに出品して切手の売買を始めるためには、Yahoo!プレミアムの会員にならなければなりません。 登録料は月間462円(税抜)で、支払い方法は銀行引き落としやカードなどで支払うことが出来ます。 登録が完了したらオークションの画面に行き、名前や住所などの出品者情報を登録しましょう。

そして切手の売買となりますが、切手の出品情報を入力するにあたり、まずは切手の種類を把握しておくことから始めなければなりません。 切手の現物を見てみても、記念切手や特殊切手でない限り切手の名前が分かることはありません。 もし名前の知らない切手を数多く持っているのであれば、こちらのサイトの記念切手や特殊切手のページを参考にしていただくか、切手カタログなどを購入して調べると良いと思います。

売買情報の入力にあたっての注意事項ですが、トラブルの原因ともなりますので、特に切手の状態については正しく記述するように心がけましょう。 「ガッター」や「マージン」使用済みであれば「満月印」などの専門用語もありますが、落札するのは主に切手が好きな方ですので、こうした細かな点も画像や文章で説明しておかなければいけません。 もしシミやヤケなどのダメージの度合いが分からない場合は、他に切手を売買している出品者の画像を確認すると良いでしょう。

そして売買予定の切手の写真撮影を行いますが、状態や図柄がはっきりと分かるように鮮明な写真を撮りましょう。 入力が終わったら発送方法の設定を行い出品登録は完了となり、あとは落札されるのを待ちます。 なかなか落札されない場合は切手の写真の撮り方を変えてみたり、タイトルを変更して見せ方を変えて工夫してみると良いかと思います。

無事に落札されたら落札者にお礼の連絡や切手代金の振込先、郵送方法の確認、氏名や住所などの取引連絡を行います。 振込が確認出来たら入金確認が出来た旨のメールを送り、梱包した切手を郵送してください。 取引が終わったら落札者の評価を行い、切手の売買は終了します。

上記のようにヤフオクは個人間の売買となりますので、業者が一括して査定してくれる切手買取はこうした手間や手数料を考えると非常に便利です。

切手売買はヤフオクか買取業者どっちがおすすめ?

切手買取店は、知らない切手でもその価値を考慮して買取価格を算出してくれるので、切手のことについて調べる手間もありませんし、落札されるまで待つ必要もありません。 ヤフオクに出品するのは個人間の売買となりますので、上記で説明したように手間がかかりますしトラブルの可能性も否定出来ませんので、売買にあたり不安を感じる方は避けた方が良いかと思います。

さらにヤフオクは売買の価格を自身で定める必要がありますので、あらかじめ切手の価値を調べておくことも大切です。 価値の知らない切手をそのままオークションへ出品してしまうと必要以上に安く売ってしまうことにも繋がりますので、売買予定の切手の価値は必ず調べておいた方が良いです。 海外で発行された外国切手の場合も同様で、発行された国やある程度の年代も記載しておくようにしましょう。 切手に詳しい方であれば売買の相場は分かるかと思いますが、詳しくない方であれば一から調べるよりも切手買取業者に任せた方が確実です。

しかし切手の売買にあたっては、ヤフオクに出した方が良い場合も2パターンあります。 それは
・切手買取店で買取価格に満足しなかった、価値の高い切手
・切手買取店からオークションへの出品を薦められた場合
です。 切手買取店も種類によっては得手不得手がありますので、流通にかかる時間や手間などを考慮した結果、切手の種類によっては買取価格を下げざるを得ない場合もあります。 その場合は売買に切手買取店という仲介を通さず、コレクターへと直接売買する方が良いという判断を下す場合もあります。

切手の売買は、価値や種類を知っていて切手に詳しい方であれば、ヤフオクに出品することをお勧めします。
切手が大量にある場合や価値が分からない切手を売買するなら切手買取業者に任せてしまった方が楽ですし、切手に詳しくない方であれば尚のこと、切手買取店で売買することを強くお勧めします。

ページのトップへ