梅蘭芳舞台芸術切手の買取価格と概要

梅蘭芳舞台芸術切手

梅蘭芳舞台芸術切手(紀94)とは1962年に発行された中国切手で、切手と小型シートの2種類に分別することが出来ます。

この切手の図案は当時の中国で非常に人気のあった女形の京劇俳優である"梅蘭芳"で、幻想的な姿から創作の絵柄だと思われがちですが、実在した人物なのです。
当時の中国は内戦や侵略などが重なり非常に不安定な時代であり、その中で麗しい舞台は人々の癒しでもありました。

梅蘭芳舞台芸術の切手の方は全8種類が発行されていますが、それぞれ発行枚数が違い流通量に差があるため、買取価格も一律ではありません。
そして梅蘭芳舞台芸術切手には目打ちのあるものとないものがありますが、中でも目打ちのないタイプのものは極めて珍しく、高値で取引されています。

バラ切手の買取価格は8種が全て揃っていて70000円程と、非常に高額で買取される中国切手です。
発行初日の消印が押されたFDCであれば価値が上昇し、状態にもよりますが40万円もの買取額がつく場合もあります。

同じテーマで発行された梅蘭芳舞台芸術小型シート(紀94m)は「貴妃酔酒の舞台」のワンシーンが図柄となっており、こちらも極めて珍しい切手です。
発行数自体が2万枚と少なく、さらに残存している数も非常に少ないため、今ではプレミア切手として重宝されています。
小型シートは切手の方よりも希少性が高く、150万円を超える価格で取引されることもあるプレミア中国切手です。

梅蘭芳舞台芸術切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

梅蘭芳舞台芸術切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ