1. 徐悲鴻莽馬シリーズ切手について

徐悲鴻莽馬切手の買取価格と概要

徐悲鴻莽馬切手

徐悲鴻莽馬シリーズとは1978年に発行された中国切手で、10種類の単片切手(T28)と小型シート(T28m)が発行されています。
1895年から1953年にかけて活躍した画家である徐悲鴻が描いた馬の絵が図柄となっており、切手のほか水墨画も高い値段で取引されています。
徐悲鴻(じょひこう)は中国近代画家の中でも特に人気があり、日本や欧州でも高い評価を得ています。

徐悲鴻莽馬シリーズは徐悲鴻が得意とした馬の絵を図柄に採用した切手シリーズで、中でも小型シートの流通量は少なく高い値段で買取されています。
バラ切手の価値は10種で4000円程となるのに比べ、小型シートは状態が良いものであれば50000円程の価値となります。
小型シートの買取価格もおおよそ40000円ほどと、高値がつきやすい傾向にあります。

切手と小型シートのセットであればコレクションとしての価値が付随しますので、更なる高値をのぞむことも出来ます。
徐悲鴻莽馬シリーズを全種類持っている場合には分けて買取してもらうのではなく、全て揃っている状態で買い取ってもらうことをおすすめします。

徐悲鴻莽馬切手を1円でも高く売る方法

切手買取業者

徐悲鴻莽馬切手など額面以上の価値がある切手でも、買取を依頼する業者によって買取価格は変動します。

その為、1円でも高く売るために、このサイトでは複数の買取業者に査定を依頼することオススメしています。

私自身が査定を依頼した時も同じ切手でも業者によって買取価格はかなり違いがありました。

複数の業者に査定を依頼するのは面倒に思うかもしれませんが、メール査定なら比較的楽に依頼することが可能です。下記のページに切手の買取価格が比較的高く、メール査定を行っている業者を紹介しているので、参考にしてみてください。

ページのトップへ