国際文通週間の価値と概要、おすすめ買取業者を紹介します!

国際文通週間とは?買取価格はどれくらい?

国際文通週間について

国際文通週間とは文通や手紙のやり取りによって国ごとの理解を深め合い、世界の平和に貢献することを目的とした週間のことです。
国際文通週間を記念して日本は毎年記念切手を発行(名称:国際文通週間にちなむ郵便切手)しており、第一回目に有名な浮世絵師である歌川広重の「東海道五十三次」が採用されたことで世界的な注目が高まり、以降現在まで毎年発行を続けています。 東海道五十三次の次には、これも浮世絵で世界的に有名である葛飾北斎の冨嶽三十六景が採用され、その後も代々大和絵や浮世絵など日本的な図柄を中心に展開しています。

国際文通週間についてですが、万国郵便連合結成日である10月9日を含めた1週間に設定されており、世界的に見て毎年継続して記念切手を発行しているのは日本とタイのみになります。 国際文通週間の切手は記念切手または特殊切手扱いとなり、発売日に郵便局の窓口もしくは通信販売でその年のシリーズを購入することが出来ます。 しかし発行枚数に制限があり、またその年でないと購入できないことから国際文通週間の中にはプレミアがついている切手もあり、切手買取でも高値で売れることがあります。
国際文通週間切手は今までに幾度も発行されていますが、全ての価値が同一というわけではなく種類によって買取価格は大幅に変わります。 中でもプレミア切手として有名なのが「桑名」や「蒲原」で、国際文通週間シリーズの中でもかなり高い価値が期待できます。

また、国際文通週間切手でもバラ切手の他にシートももちろん存在し、シート状態かつ美品であるほど買い取り価格はよくなります。
ですので、国際文通週間シリーズの切手をお持ちであれば、まずはこのページでどれくらいの価値があるかを確認してみてください。もし状態等も加味した正確な国際文通週間切手の買取価格や価値を知りたければ、下記の方法を試してください。

国際文通週間の価値を簡単に知る方法

相見積もりは大切です

このページではリスト形式で国際文通週間を説明していますが、種類が多いのでこのページで説明しきれない種類もあります。そして、ここではあくまでも国際文通週間の美品における目安の価値と買取価格ですので、状態等や種類を問わず国際文通週間の価値を正確に知る方法を先にご紹介します。


ここで紹介する方法ならば、切手について全くの無知でも実践するだけで正確な国際文通週間の価値・買取価格を知る事ができます!


その方法とは、切手買取業者にメール査定を依頼する事です。たったこれだけでOKです。


シンプルな方法ですが、この方法は非常に合理的な方法です。切手は写真さえ送れば正確な査定が可能なので、これだけで専門家に国際文通週間を査定してもらえます。


そして、国際文通週間は状態によっても価値が大きく変動しますので、メール査定は正確な価値を知る為にこの上ない程の最善の手段なのです!特に、価値が高い事を知っている国際文通週間をお持ちであれば、一度メール査定にて正確な査定をしてもらう事をおすすめします。

そして、メール査定であれば買取は簡単に断れますのでご安心ください♪

国際文通週間をメール査定してもらうのにお勧めの切手買取業者は次のページを参考にしてください!

国際文通週間の価値について(国際文通週間一覧)

では、国際文通週間の価値と基本的な情報について説明していきます。

このページで説明する国際文通週間の一覧は次の通りです。

※下記の国際文通週間の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

国際文通週間一覧

※上記の国際文通週間の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

国際文通週間の価値と買取価格を紹介

国際文通週間-東海道五十三次の価値と買取価格

国際文通週間-東海道五十三次
発行年度:1958年~1962年
額面の種類:24円、30円、40円
買取における価値:普通~非常に高い
国際文通週間で第一回目に発行され、その日本画の美しさで世界的な注目を浴びた切手が、歌川広重が描いた東海道五十三次です。第一回目となる1958年に発行された京師も人気ですが、最も価値が高いのは1960年発行の蒲原、次いで1959年発行の桑名です。蒲原の価値は高く、単片であれば200円程度となりますが、シートであれば1万円位の買取価格となることもあります。

国際文通週間-富嶽三十六景の価値と買取価格

国際文通週間-冨嶽三十六景
発行年度:1963年~1969年
額面の種類:40円、50円
買取における価値:普通~高い
「富嶽三十六景」とは葛飾北斎が描いた浮世絵で、文通週間としては1963年から1969年まで取り上げられました。特に1963年に発行された神奈川沖浪裏は知名度があるため切手も人気で、冨嶽三十六景の中では最も価値が高くなっています。ですが買取面でいえば東海道五十三次には届かず、神奈川沖浪裏の買取価格は美品で100円程、その他の種類も額面程度となります。

国際文通週間-錦絵(明治文明開化期)の価値と買取価格

国際文通週間-錦絵
発行年度:1970年~1972年
額面の種類:50円
買取における価値:非常に高い
錦絵とは江戸時代に確立した浮世絵で、文通週間の切手としては1970年から1972年にかけて発行されました。1970年発行の駅逓寮図、1971年鉄道馬車図、そして1972年の永代橋とありますが、価値はどれも同じくらいで、大体額面程度に収まります。ですが額面で考えても1枚辺り50円の価値は必ず持っている切手ですので、沢山見つかればかなりの買取額になるかと思います。

国際文通週間-大和絵(鳥)の価値と買取価格

国際文通週間-大和絵(鳥)
発行年度:1973年~1981年
額面の種類:50円、100円、130円
買取における価値:やや高い
大和絵とは平安時代に発達した日本画の様式を指し、有名な作品として源氏物語絵巻などがあります。ですが文通週間シリーズは鳥の大和絵をテーマとした期間のため、雪村周継筆の「松鷹図(松に鷹)」などが発行されていました。価値はどれも額面ベースか少々上回る程度ですが、1981年発行の「双鳩図」は額面130円と少々高くなりますので、買取価格もそれなりになります。

国際文通週間-日本人形の価値と買取価格

国際文通週間-日本人形
発行年度:1982年~1987年
額面の種類:130円、150円
買取における価値:普通
1982年から1987年は日本人形を題材としての発行となり、こちらの切手もほとんどが額面ベースの価値となります。ですが1987年に発行された文通週間切手は130円の元宵観燈、そして150円宴の花の2種類があり、150円の方は国際文通週間シリーズの中でも最も額面が高いため、複数枚またはシートで見つかればまとまった買取価格を手にすることが出来るかと思います。

国際文通週間-歌舞伎役者の価値と買取価格

国際文通週間-歌舞伎役者
発行年度:1988年
額面の種類:80円、120円
買取における価値:額面ベース
文通週間で1988年に発行された切手は歌舞伎座100年の年で、歌川国政の岩井粂三郎の千代、そして歌川豊国の佐々木巌流が取り上げられました。これまで文通週間切手は毎年1種類のみが発行されていましたが、前年の1987年から額面違いで複数枚が発行されるようになります。価値はどちらも額面程度ですが、シートで見つかれば800~1200円位とまとまった額になります。

国際文通週間-絵巻物の価値と買取価格

国際文通週間-絵巻物
発行年度:1989年~1993年
額面の種類:80円、120円
買取における価値:高い
有名な源氏物語絵巻や鳥獣人物戯画などが採用されたシリーズがこの辺りになり、額面は毎年80円と120円の2種類、それぞれ1000万枚ずつが発行されました。価値はこちらも額面ベースとなり、どれも同じくらいの希少性に留まっています。1990年発行の鳥獣人物戯画は額面2種類に同じ絵柄が採用されていますが、目打ちの色を変えることで異なった印象に仕上がっています。

国際文通週間-屏風絵(遊楽図)の価値と買取価格

国際文通週間-屏風絵(遊楽図)
発行年度:1994年~1995年
額面の種類:90円、110円、130円
買取における価値:額面ベース
文通週間の屏風絵シリーズは1994年~1995年と2年間しかありませんが、額面ごとに3種類ずつ、2年で6種類の切手が発売されました。抜きんでた希少性はなく買取価格も額面程度になる可能性が高いですが、シートで見つかれば一枚1000円前後の買取価格になります。遊楽図とは桃山~江戸初期に流行した風俗画のことで、切手には囲碁やかるたで遊ぶ様子が採用されています。

国際文通週間-花鳥画・浮世絵の価値と買取価格

国際文通週間-花鳥画・浮世絵
発行年度:1996年~1999年
額面の種類:90円、110円、130円
買取における価値:額面ベース
文通週間の花鳥画・浮世絵の期間は96年から99年までとあまり長くありませんが、一年に3種類ずつ、かつ各連刷ペアでの発行となりましたので種類としては最も多く、葛飾北斎、安藤広重、伊藤若沖など著名な浮世絵師の作品が多く取り上げられているシリーズになります。コレクター向けに売買するのであれば、連刷ペアは切り離さないそのままの状態で売ることをおすすめします。

国際文通週間-東海道五十三次の価値と買取価格

国際文通週間-東海道五十三次
発行年度:2000年~2009年
額面の種類:90円、110円、130円
買取における価値:額面ベース
文通週間発行当初、高く評価された東海道五十三次シリーズが、2000年から再び始まりました。額面違いで年間3種類ずつが発行されましたが、各1000万枚発行の年もあれば、300~400万枚の発行数に留まった年もあります。近年の切手ですので発行数によって希少性が変わることはなく大体額面程度の買取価格となりますが、コレクション品としての評価となれば高値も狙えます。

国際文通週間-国際連合加盟50周年記念(2006年)の価値と買取価格

国際文通週間-国際連合加盟50周年記念
発行年度:2006年
額面の種類:90円、110円
買取における価値:額面ベース
東海道五十三次シリーズが続いていた文通週間ですが、2006年は国際連合加盟50周年という特別な年であったため、画家・佐和貫利郎氏が手掛けたオリジナルデザインの切手が発行されました。地球とコスモス、そして左上には国連のシンボルマークが表記されており、90円切手が400万枚、110円は300万枚発行です。近年発行の切手のため、価値は額面ベースとなります。

国際文通週間-日本画の価値と買取価格

国際文通週間-日本画
発行年度:2010年~2012年
額面の種類:90円、110円、130円
買取における価値:額面ベース
2010年からは日本画が再び取り上げられるようになり、伊東深水や鏑木清方、上村松園の美女作品が中心となって発行されました。近年発行の切手のため価値は額面程度ですが、シートは10枚で構成されているため複数枚あればかなりまとまった買取額となるかと思います。ちなみに2013年の文通週間シリーズからは再び歌川広重画の東海道五拾三次シリーズが再開されています。
ページのトップへ